バイクの事故を少なくしたいお話。

バイクで乗っていると、さけて通れないのが、事故の話。

特に最近多いのが バイク→直進 車→右折 この状況での交差点内での事故がけっこうあります。お互いが気をつけて走るしかありません。車もまさかバイクがこんなに早く、バイクも、まさか車がいきなり曲がってくるとは・・・。まさかの事態に遭遇しないためにちょっとブログにしてみました。


三重のカワサキ正規取扱店の代表の今西です。

バイク事故の話をブログに書くのってバイク屋は抵抗ありました。

バイク売れなくなるんじゃないか・・・と。ただ、売ることもすごく大事ですが、現在乗っているライダーに安全に乗ってもらうためには、事故現場を沢山みてきた現場の話も

した方が多分、いいのかな・・・と思いまして書きました。

図のようにお互い直進で見通しのよい交差点で事故が発生しております。

交差点だけじゃなく、例えば、そこの反対車線のコンビニに入ろうとする車などのパターンもあります。


車もバイクもお互い相手の対向車の認識はしています。

ただ、意識のズレが発生していて、

バイク→まさか車が直進で走っているのに急に曲がってくるなんて

車→まさか対向車のバイクがこんなに早く交差点まで来るなんて

たいがい、こんな話がでています。バイクも実は制限速度で走っている場合が多く、ほとんど速度超過でドカンではない壊れ方と後日のバイク乗りに話を聞くとそんな話です。


ではなぜ?

見通しがよい交差点の場合、お互いがはじめは点にみえるみたい。

しかし、お互い40キロくらいの速度で走っていると、目が錯覚するんでしょうね。

車もバイクも急に視界で大きくなるみたい。点から物体へかな。


じゃあ、どう気を付けるか?

車の場合

右折する前にバイクが対向車で見えたら深呼吸してから交差点に進入しましょう。そうすると、ワンテンポ視点が変わるので、バイクの距離が測れると思います。


バイクの場合

車が右折の曲がろうとした場合、いきなりでてくることを想定して速度を緩める。

止まれるくらいまで、決して速度を出して加速で解決しようとしないこと。

もし事故するとこんな写真の状況になります。
バイクはNinja250です。右折と直進の事故、別名「右直事故」だと損傷もケガもひどいです。(ちなみにこのバイク乗りの子は奇跡的に擦り傷だけでしたが)


このブログは、バイクを販売する販売店としては、かなりタブーな話かと。

ただ、現場で事故をみている僕たちがやはり伝えなくてはいけない事なんだろうし、事故を少しでも減らすことが、バイク乗りにとって有益と思いブログを書いてみました。





カワサキ正規取扱店 株式会社今西マシーンテクノ

〒511-0912

三重県桑名市星川889-1

電話 0594-31-5505 FAX 0594-31-5959

http://www.imanishi-mt.com/

ブログ書いてます!よかったら見てね!














バイクライフをもっと楽しく!

サザンが大好き、ワインも大好き、もちろんバイクも(笑)アニメからミリタリーまで幅広い多趣味です!愛車はNinja1000お店も遊びが中心♪沢山のイベントをしてます!三重県桑名のカワサキ正規取扱店 今西マシーンテクノ社長です。

0コメント

  • 1000 / 1000