事件には動機があり、部品交換には原因があり。

よくテレビで事件報道されますが、事件には起きた理由(動機)が存在します。

部品交換もただ、交換でなく、部品交換をしなくてはいけない原因が存在します。


犯罪でも、部品交換でも動機や原因がはっきりしないと、次の事件やトラブルが防げないかもというお話。


こんにちは。三重のカワサキ正規取扱店の代表の今西です。

(↑イマイチ、原因がはっきりしない時や、どうも気になる時は、今でも自分が納得できるまでお客さんのバイクで試運転することがあります!そこまでいいのに・・・とよく言われますが(笑))


あっ!ボクの出身の大学を説明しておきます。

実は、名古屋の某大学の法学部の刑法を学生時代に専攻してました(笑)

なんで、法学部で刑法を専攻していてバイク屋??まぁ、この話は長くなるので・・・


報道でよく事故や事件の発生を見ることがあります。事故事件でも必ず動機ってものが存在します。事件発生時には、なかなか動機などがすぐに解明できない時があるのであまり目を触れる機会は少ないですが、この動機を解明することにより、次(未来に発生するかも知れない)事故や事件を未然に防ぐことができる場合があると思います。


なぜ?事故が起きたのか?どんな状況で事故が発生するメカニズムがあるのか?

なぜ?犯罪が発生したのか?犯罪をしなくてはいけない事象は何だったのか?トリガーがどのタイミングだったなか?

大学時代、法律文より、犯罪心理学に興味をもって、よく沢山の犯罪心理学の本読んだな・・・。一番本を読んだ時期かも(笑)



実は、バイクの整備もよく似たところがあり、例に挙げるなら今回は「バッテリー交換」で

考査してみると・・・

バイクに乗ろうとしたとき、バッテリーが上がっていて(キーをONにしても電源が入らな状態)こりゃダメだ、バッテリー交換をしよう!!と。

バッテリー交換という作業は案外、簡単にできてしまいます。(ちょっと知識があれば)

問題はここから。なぜ?バッテリーが上がってしまったのか?


バッテリーが上がるという結果だけで、部品交換をしても原因(動機)が解決しないとまた同じことが起きるということ。


実際にバッテリーが上がって、お客さんから連絡がある時にこんな内容の話がでます。

たかがバッテリー交換ですが、きちんと原因をつかまないと、せっかくの新品のバッテリーがすぐにダメになってしまうことがあるんです。

お客さんに状況を聞きながら、問診しながら、バッテリーが上がってしまった原因を探るのが僕たちの仕事。そして過去の修理データベースと照合して原因をつかんでいきます。


人によっては、メンドクサイ!!!と言われる方も見えますが、きちんと原因を追究しないとね・・・バイクのメーカー、機種だけでも対応って違うんですよね・・・。

あっ!バイクの機種によって、バッテリーはサイズが違うからね。

ユアサならYTX5L-BSやYTX14-BSなど数字と記号によって恐ろしい数の種類があるよ。なんでも使える訳ではないです。


最近、思うのですが、簡単に見える作業ほど実は闇(故障原因)が潜んでいる時があるような気がしますね。(←これ私見)


実際に上の図のような問診があるのは、他店で購入した場合がほとんど。自店購入のバイク達はほぼ、半年に一回点検をして、データを蓄積しているから、問診がなくても状況に応じて交換や交換時期を調整していけてます。なぜなら、原因となる事象を個々にデータ蓄積しているから。



このように、部品交換には必ず、原因が存在します。原因を究明することにより、同じトラブルを未然に防ぐこともできるんです。たかがバッテリー、されどバッテリー・・・。

バッテリー以外でも同じかな。しっかりと原因を探って、いざという時の楽しいツーリングで故障で行けなくなった!!というのは、防ぎたいですね。




いろんなSNSしてます。よかったら見てね!

Facebookは こちら

Twitterは こちら

インスタグラムは こちら

うちのホームページは こちら

ブログのトップは こちら


カワサキ正規取扱店 株式会社今西マシーンテクノ

〒511-0912

三重県桑名市星川889-1

電話 0594-31-5505 FAX 0594-31-5959

バイクライフをもっと楽しく!

サザンが大好き、ワインも大好き、もちろんバイクも(笑)アニメからミリタリーまで幅広い多趣味です!愛車はNinja1000お店も遊びが中心♪沢山のイベントをしてます!三重県桑名のカワサキ正規取扱店 今西マシーンテクノ社長です。

0コメント

  • 1000 / 1000