「バイク屋さん向けSNSセミナー」参加者の皆様へ

今日は「バイク屋さん向けSNSセミナー」きっと主催者としてあいさつすることでしょう。多分、キンチョーがMAXで伝えたいことがほとんど話せないような気がします。なぜなら、ボクがずっとしたかったことが長い年月をかけてやっとスタートできたから。だから今日のブログはあいさつを絶対に失敗するので、その想いを伝えるためにブログにしました。



こんにちは。三重のカワサキのバイク屋の今西です。

今日は全国各地から、はるばる三重の桑名まで足を運んでいただきありがとうございます。そして、他業種での参加の皆さん、今日はご参加いただきありがとうございます。今日は頭がパンパンになると思いますが全部持ち帰ってぜひ実践してみてくださいね。


今回はメーカー系列の枠を超え、地域の枠を超え、そいて立場を超え・・・いろんな人が集まります。多分、このバイク業界では今まで起きなかったこと。だってこれだけの販売店が自主的に集まり、一緒に勉強するってなかったこと。5年前では考えられない出来事。

正直、2016年あたりから、各メーカーの新しい政策が発表になり、そして新車販売の低迷。さすがにもうここまでかな・・・と思いバイク屋を一瞬やめようかなと思いました。

けど、ふとしたきっかけで、エクスマに出会い、エクスマの主宰の藤村先生、今日の「バイク屋さん向けSNSセミナー」の講師である平松先生に知り合わなけば、ホントにやめていたかもしれません。けどそこで「相手に伝わっていなければ、言っていないのと同じ」という言葉を聞き、好きじゃなかったSNSを初めてみたんです。


SNSやってみたら、業界の統計とのギャップに気づきました。やれ若者がいないか・・・バイク離れとか・・・けど沢山若い人がいるじゃん!!と。だから始めは大変だけど、嫌いなSNSをやってみようと。初めは全然わからなくて楽しくもなく・・・けど時間がたつにつれていろんな人とつながり、同じエクスマ塾の同期と切磋琢磨して勉強して・・・気が付いたらきちんと相手に伝えるってどういうことなのか?という事に気づかされました。そして楽しく今ではSNSやっています。そして衝撃的なお客さんの言葉。

「バイク屋さんってホントないですよね」

えっ!沢山あるんですけど・・・つまり今までのバイク屋さんってどこにあるんだろう・・・という時に調べる方法が、前と今では違うということ。そしてSNS上でバイク屋さんが検索してもでてこないからお客さんがこんなセリフを・・・。つまり肝心なバイク乗りでさえも、知られていないし伝わっていない。じゃあしっかりと伝える事をしていこうと。



そしてだんだん、SNSで伝える事をしながら、基本に戻り、お客さんはなぜうちのお店でバイクを買うんだろうと思い・・・

今までのお客さんを思い浮かべ・・・お客さんといろんな事をしてきたこと・・・

みんなでツーリングに行ったり、飲みにいったり、旅行行ったり・・・

自分の結婚式にでてもらったり、お客さんの結婚式にでたり・・・


そして、ボクはこう思ったんです。

「バイク屋ってバイクを売っているんじゃないだ」と。


どこでもバイクって買えます。けどうちのお店で買う理由これがあったからこそ、うちのお店を沢山あるバイク屋さんから選んでくれていたのではないか?


けどこれが今の世の中伝わらない。だからこそ、SNSを使って「想いを伝える」ということをみんなが、バイク屋さんがやっていったらきっと昔みたいに楽しい、お客さんが集まるバイク屋さんに戻るのかなと思います。今まで真面目に、そして現場にてバイク乗りのお客さんと向き合ってきたバイク屋さん、素晴らしい面があるからこそ、今日まで厳しい情勢の中、生き残ってきたんだと思います。だから変わる必要ってボクはないと思います。ただ伝える道具がちょっと変わっただけ、他業種の方々の方がSNSを伝える道具として先に利用しているだけだと。


ボクはお世話になったバイク業界に少しでも恩を返せるのって何か?それは去年一年間外でいろんな業種の人達と勉強してきた内容をこのバイク業界にフィードバックかな・・・と考え、今回のセミナーを忙しい平松先生にお願いして開催する運びとなりました。


いきなりすべての事をやろうとしても、結構大変です。けどね、やれば必ず何か変わります。とりあえずやってみてダメならまた変えてみましょ!決断より行動を。


多分今日はあいさつを絶対にとちる(失敗)しそうなのでブログに。

バイクライフをもっと楽しく!

サザンが大好き、ワインも大好き、もちろんバイクも(笑)アニメからミリタリーまで幅広い多趣味です!愛車はNinja1000お店も遊びが中心♪沢山のイベントをしてます!三重県桑名のカワサキ正規取扱店 今西マシーンテクノ社長です。

0コメント

  • 1000 / 1000