250ccに新しい風を吹き込んだNinja250シリーズ



今の250ccを代表するカウル付のレーシングスタイルのバイクのブームの火付け役はNinja250シリーズで間違いないと思います。以前からカウル付は絶大なる人気はありましたが、2008年にNinja250Rが発売された時、新しいバイク乗りが沢山誕生しました。今までのユーザーと新しいユーザーが増えたことにより爆発的は販売台数を記録。発売日から2ヶ月以内に2008年モデルが完売という誰もが予測を超えた販売台数となりました。



こんにちは。三重のカワサキのバイク屋、カワサキプラザ桑名の代表の今西です。

今日は少し昔のお話。2008年はバイクって大きな流れが変わった年でもあります。2008年はカワサキがNInja250シリーズを発売を開始して新しい風が流ました。



そのバイク業界の流れが変わった2008年に発売したNinja250シリーズ。

Ninja250シリーズは現在で大きく分けると3型となります。(Ninja250シリーズは1型だけ名称に「R」が付いていました)

✔Ninja250Rが2008~20012年まで発売されていたのを1型とするならば



✔2型のNinja250が2013~2017年まで



✔3型となるNinja250が2018年から発売されております。





このモデルの特徴はバイクに興味がなかった人や、興味があるけど敷居が高いと思われがちのバイクの敷居を一気に下げて誰もが欲しいと思って、新しいバイク乗りが一気に増えたことが他のモデル違うところです。2008年当時、買いに来るお客さんが初めてバイクに乗る!という方の多いこと・・・



けど面白い話なんですが、バイクメーカーもバイク屋さんも当時売れるとあんまり思っていなかったんですよね(笑)これマジの話。まぁそこそこは売れるとは

ありましたが、ここまでバイクの環境が変わるくらい販売台数が伸びるとは誰も予測していなかったことなんです(笑)

だから初めの発売日から2週間くらいもう現場はめちゃくちゃとなった次第(笑)次々にNinja250Rを買いに来るお客さんでお店がパニックになった記憶があります。



そして、このバイクを境に各メーカーも250ccのカウル付モデルの投入を行い、今ではかなりこのクラスの重要なウエイトを占める一つのカテゴリーへと成長しました。



そんなNinja250も3型となり、より性能が向上され、しかも1型や2型のNinja250シリーズに乗っていたバイク乗りが欲しいと思える装備が充実している一台。

というか、豪華装備のバイクとなっています。確かに見た目はね、ヤマハさんのYZF-R25より派手さが無いのですが、乗るとこの子のホントの実力がわかる、いいフレームなんです。ボクが大好きな「スイングアープマウンティングプレート」



ぜひ進化したNinja250、遊んでみてもらうと面白いバイクです。


カワサキプラザ桑名 (株式会社今西マシーンテクノ)

〒511-0912 三重県桑名市星川889-1

[定休日]毎週月曜、第2日曜日  [営業時間]10:00~19:00

電話 0594-31-5505 FAX 0594-31-5959

バイクライフをもっと楽しく!

サザンが大好き、ワインも大好き、もちろんバイクも(笑)アニメからミリタリーまで幅広い多趣味です!愛車はNinja1000お店も遊びが中心♪沢山のイベントをしてます!三重県桑名のカワサキ正規取扱店 今西マシーンテクノ社長です。

0コメント

  • 1000 / 1000