ヘルメット選びはけっこう重要だよ~ん

バイクライフをもっと楽しく!

今西マシーンテクノの代表の今西デス。


こないだブログでバイクマジックと書きましたが、若い子の中ではヘルメットマジックというそうです。

カッコイイ販売店の店主!に見えるでしょ!

しかし、スモークシールドを上げると所詮・・・

マジックです!

朝からヘルメットだけかぶって画像を撮影していたら、

前を通っていく車に笑われております!!

さて、本題。今日はヘルメット想いを書いてみました。


ヘルメットが最近バイク屋さんでおいていないですよね・・・。


昔、自分が子供のころ、バイク屋さんには沢山のヘルメットが並び、各メーカーが什器と呼ばれるヘルメット置き場を設置したりして、バイクと用品を一緒に買ってもらっていた記憶があります。


しかし、いつの間にかバイク屋さんの商品陳列からヘルメットが徐々に姿を消していき、用品専門店や、ネット通販にヘルメット販売が移行していった感があります。


けど、用品が大好きなボクはヘルメットをそこそこ売れてはいるんですが、やはり昔に比べると販売力が弱くなっているのも事実でしょうね。けど用品が大好きなので多分そんじゃそこらのスタッフより詳しいです。

(多分、部品や用品だけでしばらくブログが書けるくらい、ただ部品のことを書くと、ずっと数字と説明ばかり・・・楽しいブログ??)


売れないと決めつけてはいけないのですが、多分バイク屋さんのの大多数が思う売れないときは・・・

「あの~ヘルメットサイズみたいのですが、ココはヘルメット置いてあります?」

みたいな感じでお客さんが来たときは内心「売れないな・・・。」と思っちゃったりします。昔はサイズ計りましょう!と話してましたが、最近わかったのですが、サイズだけ確認してネットで買うんですよね。用品専門店でもこの傾向が強いらしく、最近ではヘルメットのサイズ試着できなくなってきてるみたい。


なぜ?ヘルメットのサイズ試着を売る側は嫌がるのか?

実は、理由があるのです。

まず、新品のヘルメットを試着します。→サイズはだいたい、M・L・XLが主流です。

ただ人の頭を3つのサイズに区切るのはなかなか無理があります。

LサイズでもLがきつめの人、LだかMだか判断がつきにくい人・・・・

反対にXLに近いサイズの人がLをかぶったりするとどうなるか・・・。

Lサイズのヘルメットの内装が広がってしまう場合があるんですよね。

Lサイズが広がってしまったら・・・商品としてどう??となってしまいます。


15年以上の前、Lサイズをかぶっているのですが、ちょっと人に貸したら、内装が広がってしまってゴソゴソになってしまいました。

皆さん!自分のヘルメット自分より頭のでかそうな人に貸しちゃダメだよ!!

なかなかヘルメットって難しいのです。

ただ、他店の話ですが、バイクを購入したお客さんはよくバイクを購入前にヘルメットを先に購入している人が多いみたい。けどよく考えてくださいね!

このバイクのこの色を買おうと決めてヘルメットを購入しているみたいですが・・・

バイクのカラー、最終的に購入するときに代わることありますから!!

実際にこのカラーリングのバイクにしよう!と決めていたのに最後に大どんでん返しで全く違うカラーリングに変わることってあります。

ということは、ホントはバイクを買う時にその機種にあったヘルメットがいい気がします。


実際、うちのお店では、新車を購入したお客さんの大多数がヘルメットも一緒に購入していきます。しかも高いのばかり・・・

SHOEIの5万円代が主流です。

バイクにあったカラーリングのヘルメット、そして機能性や使い方にあった種類、これって重要ですよね。よくあるのが「初めてだから安いので」と安全性に疑問があるタイプなどを選ばれる方も多いみたい。けどその場合しばらくすると絶対に高いヘルメット買ってるんでうしょね。

安いヘルメットと後で買う高いヘルメットの2個。初めからいいヘルメットを1個買う・・・ホントは1個の方が安いんですよね。


当たり前のことなんですが、お店では詳しくお客さんの想いを聞いてます。

どんなバイクに乗りたい?

どんなことに使いたい?

誰と遊びたい?

毎日乗る?それとも週末だけ?

メガネ使う?コンタクト?

フィッティング用でサイズを見てみましょうか?

書けばきりがないですが、まあ・・・・聞きまくります。

だってその人のこと、興味がないと、いい「モノ」オススメできないので。


専門家って、やはりネットより絶対に高いです。けど、安心できるアドバイスこれってなかなか値段じゃないのですよね・・・

ヘルメット選び実はすご~く大切です!(今日はカッコよく締った!)


あっ!最後まで読んでくれた方、ちょっと情報です。

ヘルメットの内装って入替できるですよ。

例えば、大好きなSHOEIだと内装のセンターパット頭の上の部分だけでも

S13、S9、S5、M13、M5.、L13、L9、L5、XL13、XL9、Xl5という具合に12種類あります。


あとCR-1ガラスコーティングをヘルメットに施工するといいらしいです。

施工したお客さんがヘルメットに虫がつきにくくなったそうな。








バイクライフをもっと楽しく!

サザンが大好き、ワインも大好き、もちろんバイクも(笑)アニメからミリタリーまで幅広い多趣味です!愛車はNinja1000お店も遊びが中心♪沢山のイベントをしてます!三重県桑名のカワサキ正規取扱店 今西マシーンテクノ社長です。

0コメント

  • 1000 / 1000