AIなどの進化は他人ごとではないのかも。

これから数年でますますAIによって今まで人が介在したお仕事が奪われていくんだろうな・・・と思いました。AIというとバイク屋さんに関係ないようにとらえていましたが、違うところの研修で聞いた話を考えるとバイク屋さんにも危機感がいるんではないか・・・そんなことを思った寒い1月の夕方。


こんにちは。三重のカワサキのバイク屋、カワサキプラザ桑名の代表の今西です。

昨日(1/17)もお昼から研修でした。エクスマではなくね。簡単な見分け方ですが、スーツの時は他の会議や研修。私服のときはエクスマ(笑)服装で違うわけです。実は大変お世話になっている三重銀行さんの経営者育成塾というカリキュラムの勉強会でした。そこで気がついたこと。というより怖かったお話。三重銀行さんの研修でもエクスマでも未来への経営者のならなくてはいけないところというか到着しなくてはいけないところがほぼ一緒だということ。どこかで聞いた話だな・・・と思って聞いていたら、あっ!エクスマで1年前に聞いてた話だ・・・と震撼したわけです。


タイミングや受講する日程で早い遅いはあるし、それぞれの立場などで言い方やとらえ方は違うかも知れませんがホントほど到着地点は一緒のような気がします。

そこで一番感じたこと。ボクも他人事と考えていたAIのお話。


もしかしてバイク屋の中でもAIが増えたことを考えたとき・・・

まさにキャブレタが該当するんじゃないかと。今のバイクはほとんどインジェクタと言って電子制御の燃料噴射装置となっております。その前、昔のバイクはキャブレタと言って機械式となっており、人間の手の介在を必要とするものでした。


AIはロボットと考えるのではなく、AIなどの技術進化による・・・と考えるとまさにそういうことかなと。

つまり・・・2000年くらいまで実はキャブレタの分解整備って年間200台くらい実施していたんです。けど燃料噴射装置になるとキャブレタみたいな分解整備がなくなり、今ではうちのお店でも年間何台だろう・・・というくらい激減しました。これって技術の進化によってなくなりつつ仕事なんですよね。多分バイク屋のお仕事もこれから技術の進化によってかなり仕事内容が変わっていったり減少したりするんでしょうね。

ボクはこう思ったんです。実はバイク屋さんの業界もウカウカしていてはいけない時代なのかも知れません。ボクが入社した2000年ごろあれだけあったキャブレタの分解整備がこれほどまでに無くなってしまうとは誰が予測できたでしょうか・・・。


いろんなところで研修を受けていますが、だんだんと進む道がこっちだよ~んとどこでも言われているような気がしました。うちも環境の変化に対応していかなくては。


カワサキプラザ桑名 (株式会社今西マシーンテクノ)

〒511-0912 三重県桑名市星川889-1

[定休日]毎週月曜、第2日曜日  [営業時間]10:00~19:00

電話 0594-31-5505 FAX 0594-31-5959

バイクライフをもっと楽しく!

サザンが大好き、ワインも大好き、もちろんバイクも(笑)アニメからミリタリーまで幅広い多趣味です!愛車はNinja1000お店も遊びが中心♪沢山のイベントをしてます!三重県桑名のカワサキ正規取扱店 今西マシーンテクノ社長です。

0コメント

  • 1000 / 1000