転倒を防ぐには。ブレーキレバー活用編

バイクが停車してあります。移動させるとき又はバイクで走り出そうとバイクにまたがる時、フロントブレーキレバー活用していますか?実は地面が平たんなところだと使っていない人がたまにいます。なぜ使う必要があるのか?それはバイクをブレーキで固定させるとそれだけで転倒のリスクが軽減できるからです。


こんにちは。三重のカワサキのバイク屋、カワサキプラザ桑名の代表の今西です。

今日は「転倒を防ぐには。ブレーキレバー活用編」をブログにて記載します。

バイクが停車あり、移動させるとき又はバイクで走り出そうとバイクにまたがる時、フロントブレーキレバー活用していない人がたまにいます。初心者教導でもフロントブレーキを握らずにバイクにまたがる人が意外と多いです。


実は停車しているバイクを移動や、走りだそうとしてバイクにまたがる時、一番不安定な状況になるんですよね。停車しているバイクは下の写真みたいな感じです。

3つの支点で支えているので動きにくいという感じ。これを動かしたり、またがる時にタイヤの2点の支点に変わっていきます。タイヤって回りやすいように丸いですよね(当たり前じゃー!!)その時に勢い余ってしまうとバイクが少し動いてしまうということなんです。

少しでもバイクが動くとどうなるか?→不安定になる→不安定になるとライダーがアタフタする→アタフタすると転倒のリスクが増大していく・・・


ということなんです。じゃあどうするか??

必ずバイクを動かしたり、またがる時にはフロントブレーキを使用するという癖をぜひつけてもらいたいと思います。

今ままで上の写真みたいにこんな感じでバイクを持っていた人はぜひ下の写真みたいにしてもらうといいと思います。

フロントブレーキを使うということです。これをすることによりブレーキが効いていますよね??そうすると前のタイヤが動かなくなり、バイクがその場で固定されるので多少乱暴にまたがったり、移動前にバイクを起こしたところの地面が不整地でも転倒しにくいですよね?

意外とこの動作が起きた時ってバイクも人間も一番不安定なのかも知れません。

ということでフロントブレーキ。ぜひ使う癖を。なぜならばこれは癖とならないとイザという時にやってしまうんですよね。バイクが下り坂だと絶対にブレーキを握りますよね?

これは坂という認識が視覚であり、動いたらバイクが落ちていくと理解できるから。しかし、普段の時しないのは油断そのものでしかないんですよね。いや、ここは坂じゃないし・・・と思ったり、オレはそんなことない!と思ったら、それが転倒へのリスク「油断」というものです。きおつけてね!


カワサキプラザ桑名 (株式会社今西マシーンテクノ)

〒511-0912 三重県桑名市星川889-1

[定休日]毎週月曜、第2日曜日  [営業時間]10:00~19:00

電話 0594-31-5505 FAX 0594-31-5959

バイクライフをもっと楽しく!

サザンが大好き、ワインも大好き、もちろんバイクも(笑)アニメからミリタリーまで幅広い多趣味です!愛車はNinja1000お店も遊びが中心♪沢山のイベントをしてます!三重県桑名のカワサキ正規取扱店 今西マシーンテクノ社長です。

0コメント

  • 1000 / 1000